toggle
2018-08-06

忘れてしまう病気

暖めるために増やす灯

本当に大切なのは少し

火が弱くては見つけられないから

無理矢理、笑って蝋を溶かす

「さようなら、また今度ね」

なんて、

簡単に嘘吐くの

慣れてしまったけれど

ねえ、わたし、歌を聴きたいわ。

死んでしまうその時、忘れないように

いつか、忘れていくことさえも忘れてしまうの

だけど、わたしはこの歌を歌って踊れますように

透明な奇跡を色付ける君の声を

また聴きたくなるように

秘めごとを持つ苦しみは誰にもわからないけど

記憶で生きる

そうすれば,本物なんていらないから

最後はわたしが

初めて嘘を吐くの

「さようなら」

「いつか、また会えるさ,」

響く胸の音

繋いだ手

血と空の混じった水

過去に捨てた声も、すべて愛しい

最後に見た明晰夢

新しい体温が君にまた届きますように

関連記事